ブログだいちゃん

ブログだいちゃん

趣味のブログ

ブログだいちゃん

赤外線リモコンでロボカーを動かす 完結編

f:id:blogdaichan:20190103175603j:plain

リモコンカーのパーツも揃ったので作成に掛ります、今回のロボカーはモーター2個とボールキャスター1個の仕様で作成します。

ロボカーのシャーシ作成

シャーシーは前回と同様3Dプリンターで作成しますが、今回は初めてPETGフィラメントを使用しました。

f:id:blogdaichan:20190103175600j:plain

ABSより縁のソリは出ませんが糸引きが結構出ます、堅さはABSよりはありますね。

主要パーツ

Arduino NANO拡張ボードを使用しています、その他モータードライバーリモコンソナーサーボモーターなどです、ボールキャスターはホームセンターにあったものを使用します。

f:id:blogdaichan:20190103175556j:plain

組み立てとスケッチの書き込み

モータードライバーはシャーシーの下に取付けArduino NANOは拡張ボードに差し込み上部に両面テープで固定。

ソナーはサーボホーンと一緒にサーボにネジ止め、赤外線センサーは角度を付けて両面テープでシャーシーに貼り付けました。

モータードライバーへは7.4Vのリポ電池を使用、このモータードライバーは5V出力端子がありますのでここからArduinoに電源供給しています。

f:id:blogdaichan:20190103175603j:plainf:id:blogdaichan:20190103175606j:plain

スケッチはここを参考にリモコンに合わせて設定しました、リモコンでの操作とソナー使用の自動走行をリモコンで切り替えが出来ます。

配線図はありませんが、スケッチの内容を見ればArduino への配線は分かります。